MENU

虫歯の原因はキャンディーの舐めすぎかも・・・。

虫歯の原因はキャンディーの舐めすぎかも・・・。

スポンサーリンク

娘は現在6歳、幼稚園の年長児です。子どもの歯磨きに関する悩みは、歯磨きを始めた頃からずっと続いています。

 

まず、2歳半になるまでまともに歯磨きをすることができませんでした。横になって口を開けることを抵抗し、なんとか歯ブラシを口に入れてみたものの、ガシッと歯ブラシを噛んで動かすことができず・・・。毎日大泣きの大騒ぎで、私も歯磨き一つで大変に疲れていました。

 

テレビなどに出てくる歯磨きシーンなどが信じられませんでした。そして4歳を過ぎてからの悩みは、やはり虫歯です。ある時、もしや虫歯では・・・?と疑わしいところを発見し、歯医者へ行ってみました。ただその時は、治療をするほどではないので様子を見ましょう、ということになり、フッ素塗布だけで終わりました。

 

定期的にフッ素を塗り、歯医者にも通っていましたが、先日、ついに、虫歯治療をすることとなりました。しかも2本です。乳歯とはいえ、さすがにショックでした。毎朝、毎晩、必死に仕上げ磨きをしてきた私にとって、烙印を押されたような気分でした。

 

確かに、娘が毎日キャンディーを舐めていたことも事実で、それを許していたのは私で、それが悪いのですが、同じような生活をしていても虫歯にならない子はなりませんし・・・。この違いって何でしょう、と考えたりしてしまいました。とにかくキャンディーは甘いものがずっと口の中にあるので良くない、ということを実感じました。ひとまず、キャンディーを控えるようにし、おせんべいなどのおやつに切り替えることにしました。ただ甘いものが全くないおやつばかり、というのも無理ですので、1週間に2回、となどとおよその回数を決めることにしました。フッ素塗布を兼ねて、歯医者さんには定期的に通っています。

スポンサーリンク

関連ページ

歯磨きはしているつもりで磨けていない
歯磨きはしているつもりで磨けていない